美容ドリンクランキング【効果・人気】

吸収されやすいコラーゲン、されにくいコラーゲンの違いは?

 

コラーゲンがお肌によいのは多くの方が知っていることでしょう。しかしコラーゲンによって吸収のしやすさが違うことはご存知でしょうか?効率のよいコラーゲンの吸収の仕方を知り、効率的に美肌を目指していきましょう。

 

 

【コラーゲンの種類】

 

動物性コラーゲン

豚や鳥から抽出したコラーゲンが動物性コラーゲンです。海洋性コラーゲンと比べて匂いが強く、分子が大きいため体内に吸収されにくいというデメリットがあります。最近では狂牛病や鳥インフルエンザなどの恐れもあるため利用されにくくなってきました。

 

海洋性コラーゲン

マリンコラーゲンやフィッシュコラーゲンとも呼ばれている海洋性コラーゲンは魚の皮や骨、ウロコから抽出されています。海洋性コラーゲンは匂いの心配もなく、動物性コラーゲンより分子が小さいのが特徴です。

 

 

【コラーゲンの吸収を高める】

 

ビタミンCをとる

コラーゲンは経口摂取などで体内に取り込まれるとアミノ酸に分解されます。そして体内で再度コラーゲンに作り直されるのですが、ビタミンCがその生産を助けてくれます。またビタミンCには抗酸化作用があり細胞の酸化を抑制してくれるので活性酸素による肌へのダメージを防いでくれます。ビタミンCは熱に弱いので食品で摂取する際には野菜や果物などを生で食べるのがよいでしょう。

 

寝る前にとる

睡眠から3時間の間に成長ホルモンが分泌されるそうで、この間にお肌の美化も行われます。つまりコラーゲンなどのお肌に必要な栄養を寝る前にとり、入眠から3時間熟睡することが大事ということになります。

 

低分子コラーゲンをとる

コラーゲン自体は分子が大きいため体内に吸収されにくいので、人工的に小さくして吸収をよくしたのが低分子コラーゲンです。コラーゲンペプチドやナノ化コラーゲンとも呼ばれています。

 

 

【コラーゲンペプチドについて】

 

美容関連の食品によく含まれているコラーゲンペプチドですが、ペプチドとはタンパク質が分解されてアミノ酸になる中間の状態です。アミノ酸が2つ結合した状態をジペプチドといい、3個結合した状態をトリペプチドといいます。アミノ酸1つの状態は当然アミノ酸なのですが、この状態が一番吸収がよく一番小さい状態です。ペプチドと呼ばれる状態は単体のアミノ酸より吸収の良さは落ちますが、複数のアミノ酸が結合しているためまとめて吸収することができます。